合同会社 SENRYAKU

合同会社SENRYAKU(戦略)は、パソコンやモバイル端末、インターネットやWEB等を用いて様々なサービスを展開する法人です。

  • 電子計算機等を用いた人材マネジメント
  • 芸能プロダクション
  • WEBマーケティングコンサルタント
  • 独自ドメイン・ホームページ公開用サーバースペースのレンタル
合同会社SENRYAKUの名称

英文ではsenryaku Limited Liability Companyと表示する。

合同会社SENRYAKU定款による事業の目的
      

  1. オンライン・オフラインによる情報収集、提供
  2. コンピューターシステムによるデーター入力及びそれに伴う事務処理の受託
  3.    

  4. インターネット等のネットワークを利用した商品の売買システムの設計、開発、運用及び保守
  5. 経営合理化等に関するコンサルタント業務
  6. 印刷及び製本業
  7. 宅地建物取引業
  8. 自動車の車体及び部品の製造、販売、並びに修理
  9. 自動車、船舶の賃貸業
  10. 一般土木建設工事業

など

合同会社SENRYAKU定款による業務の執行

 1 当会社の業務は、業務執行社員が執行するものとし、総社員の同意により、社員の中からこれを選任する。
 2 業務執行は業務執行社員の、過半数の一致をもって決定する。

合同会社SENRYAKU定款による社員の加入および退任

(加入) 
  1 新たに社員を入社させるときは、総社員の同意によってその効力を生ずるものとする。
(退社)
  1 各社員は、事業年度の終了の時において退社をすることができる。この場合において
   は、各社員は、6ヶ月前までに会社に退社の予告をしなければならない。
  2 前項の規定にかかわらず、当会社の社員は、やむを得ない事由がある場合には、いつ
   でも退社することができる。この場合、持分の払い戻しは、その出資の目的の種類にか
   かわらず、金銭によってこれをするものとする。
  3 社員が死亡した場合又は合併により消滅した場合における、その社員の持分は、当該
   社員の相続人その他の一般承継人が承継することとする。ただし、退社に伴う持分の払
   戻しはしない。

平成23年8月14日定款作成

平姓27年12月7日定款一部変更

合同会社SENRYAKU新定款による業務の執行

  1当会社の業務は、業務執行社員が執行するものとし、社員の過半数以上および出資比率3分の2相当の同意により、社員の中からこれを選任する。
  2業務執行は業務執行社員の多数決をもって決定し、意思決定は社員の多数決とする。ただし重要事項の意思決定は社員の4分の3以上の賛成をもって決定する。

(戦略の定款による社員の責任)
当会社の社員は、その全部を有限責任社員とする。

(戦略の定款による競業の禁止及び介入権)
業務執行社員は、他の社員全員の承諾を得なければ、自己若しくは第三者のために会社の事業の部類に属する取引をし、又は同種の事業を目的とする他の会社 の業務執行社員あるいは取締役、執行役となることができない。

合同会社SENRYAKU定款による社員の加入および退任

1   各社員は、事業年度の終了の時において退社をすることができる。この場合に おいては、各社員は、6ヶ月前までに会社に退社の予告をしなければならない。
2 前項の規定にかかわらず、当会社の社員は、やむを得ない事由がある場合の他、社員の4分の3の同意により、 いつでも退社することができる。この場合、持分の払い戻しは、その出資の目的 の種類にかかわらず、金銭によってこれをするものとする。但し払い戻しには、社員の4分の3の同意が必要とする。
3 社員が死亡した場合又は合併により消滅した場合における、その社員の持分は、 当該社員の相続人その他の一般承継人が承継することとする。ただし、退社に伴 う持分の払戻しはしない。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ