電子帳簿法に基づく電子ファイルの保存サービス

改正電子帳簿法の施行(電子取引の電子保存が強制)で困っている電子取引が少数の事業者に向けたサービスです。電子取引に関する電子データを保存要件に合致させた形で保存します。

初期費用12000円、年間0円~6,000円(税別)で5年間の電子取引の保存を代行します。
*年間0円は年に1回のみの電子取引を行ったに限る事業者に対して翌年の料金を0円とするサービスです。

サービスの提供方法は事業者の状況に合わせて組み立てを行います。

この電子ファイル保存サービスが特に向いている方

  • 稀に電子取引等が生じて保存しなければならない方
  • たまたま電子取引等が生じて保存しなければならない方
  • よくわからないからネットショップの利用をしないが、月に一度家族などに頼んで電子取引等を行う方
  • 他の専門サービスの料金に納得できない方
  • このサービスの特徴
  • PCが使えない
  • スマホしかない
  • おおおそ電子ファイルの管理ができるとは思えない方
電子取引とは
電子取引とはWEBサイト上またはメールなどで請求書や領収書のファイル(データ)を受領、受信時に即印刷しないメモリ機能をもったFAXの利用などを利用した取引のことを言います。電子的な税務関連書類(ディスプレイ表示または印刷しなければ知覚できない者)が存在する取引です。印刷した紙の保存が認められなくなります。
受領した状態で保存しておけばよいだけでは?
確かにメールを遡れば、サイトにログインをして購入履歴を見れば、探せばどこかにあるという状況は多いと思いますが、保存要件を満たさないと、青色申告の承認が取り消されたり、税務関係書類(つまり存在しないとして扱われる)として認められなかったり、不正等の認定があった時に加算税が加わるとされています。